□ スポンサー広告 □

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

*    *    *

Information

□ 映画 □

【裏切りのサーカス】

続きまして、今年4月にこっそり観に行っていた映画をば。







-----------------------------------------------------

裏切りのサーカス(2012)

tinkertailorsoldierspy_jp_flyer0.jpg


公式サイト:http://uragiri.gaga.ne.jp/

個人評価:★★★★☆





主演がゲイリー・オールドマンだったので反射的に見に行きました。
あんなに素敵なオジサマは他にいない。最高にダンディです。


この作品に対しては一言だけ。渋い。

淡々と物語が進み、大きな出来事もなく物語は終わる。
人間関係を事前に把握しておかないと完全に物語に置いていかれます。
公式サイトにも記載されていますが、事前予習は必須です。
特に「サーカス」のメンバーは本名とは別にコードネームもあり、それも軽く目を通してから観ることをお勧めします。


「サーカス」というのは画像にも書いてありますが英国諜報部、正確にはイギリス情報局秘密情報部のこと。
007などもこの秘密情報部に関する物語ですね。
「秘密」という名前にもあるとおり多くを公開していない機関であり、その内部を切り取った物語という設定だけで好奇心がくすぐられます。



ゲイリー演じるスマイリーは、ボスであるコントロールの右腕。
物語はそのコントロールが辞職し、同時にスマイリーもサーカスから去るところから始まります。

そしてスマイリーが隠居生活を送る中、コントロールが謎の死を遂げる。
ここからスマイリーの静かなる戦争が始まり、物語が進んでいきます。



内容については映画を見ていただけたら分かるのですが、本当に静かな映画です。
ともすれば寝てしまいそうになります。(つまらないからではなく、静かすぎて)

昨今、最新技術を駆使した大掛かりなアクション映画が人気を博していますが、この映画は真逆。
不思議な能力を使う訳でもなければ、パワードスーツを着て人助けをする訳でもない。
大きな爆発があったり、飛行機が墜落することも一切ありません。
ただ、淡々とスマイリーが日常生活を送る中で、「サーカス」内部に潜む裏切り者を探す物語です。

アクション物が好きな人には退屈かもしれませんが、80年代の洋画が好きな方にはオススメします。




また個人的に、スマイリーの部下であるギラム(画像右の一番上)役にベネディクト・カンバーバッチが登場したことも興奮しました。
SHERLOCKというBBCのドラマで少しとぼけた役をしているので、今回は有能な部下を演じていることが少し面白く感じました。笑





こちらも既に公開は終わっていますが、メディア化された際には是非。DVDは11/2に発売されるようです。


特にハリポタの映画で「シリウス」を見たことがある方は絶対見て欲しい。
ゲイリーのイメージ全く変わるから!

Sirius-Black-gary-oldman-79340_392_341.jpg
↑シリウス役のゲイリー








今回もお粗末さまでした。




*    *    *

Information

Date:2012/09/02
Trackback:0
Comment:0

Comment

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする

Trackback

TrackbackUrl:http://ma4ru.blog27.fc2.com/tb.php/25-002dc3f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。